『テイルズ オブ ゼスティリア』発売後初のヒロイン騒動インタビューの感想

アリーシャ絶句

『テイルズ オブ ゼスティリア』馬場英雄プロデューサーに訊く、“ヒロイン”のこと、シリーズの“これから”のこと。

ゲームの発売後、“ヒロイン”の描写などについて大きな話題になった『テイルズ オブ ゼスティリア』。
プロデューサーの馬場英雄氏を直撃し、率直なやり取りを公開する。

http://www.famitsu.com/news/201505/08078106.html


「テイルズ オブ ゼスティリア」発売後ずっと沈黙を貫いていた馬場英雄プロデューサーが
未だに大炎上しているTOZの問題点をようやく語りました
インタビュー読んでの感想を率直に書いて行きます

このインタビュー、ゼスってる……
嘘を重ねすぎて話の整合性がありません
ここまで言い訳にならない言い訳ってのも凄い

気になった箇所引用して突っ込み形式で感想書いて行きます


──それでも、オフレコにするという前提で、話してくれた“ネタバレ”もありましたよね。アリーシャがストーリーの途中で、主人公スレイとの冒険から離脱するということや、その後に登場するロゼがストーリー上のヒロインであるということも


おいおい……ヒロインはプレイヤーが決めるものって言ってたのに
ゼスティリアのヒロインは公式でロゼ確定かよ
アリーシャは本当にモブーシャかよ、ナシーシャかよ……


ストーリーの構成と仕掛けとしてアリーシャが途中でパーティーを離脱することをふまえ、彼女用の衣装についても開発チーム内で再三検討し、アリーシャ用のダウンロードコンテンツ衣装をロゼにも着せることができるように配慮させていただきました。


アリーシャの為に課金して衣装買った人に糞ブスなロゼにも着せれますってそれ配慮とは違うだろ……


馬場 はい。一部のメディアさんにおいて、僕たちがお出しした資料とは異なる表現をされたことがありました。また、ほかならぬ我々が完全に誤解を招いてしまったのが『テイルズ オブ アスタリア』における公式プロフィールでした。開発組織としては『ゼスティリア』チームと別のところになるのですが、ここで事実と異なる表記が行われてしまい、これにつきましては、ユーザーの皆さまの混乱を招いてしまったことを誠に申し訳なく思っております。3年の月日をかけてゲームを開発してきた『ゼスティリア』チームの全員にとっても、胸が裂けるような思いがいたしました


これって「自分たちは悪くありません。勘違いしたメディアさんが悪いです」て
関係したメディア媒体全般に喧嘩売ってるよね
胸が裂けるような思いも楽しみにしてたユーザー全員も
胸が裂けるような思い所か胸が破裂した思いぐらいの勢いなんだけどそこのとこ分かってるのかな?


この場をお借りして、アリーシャの立ち位置について改めて補足させていただきますと、彼女はストーリーにおいて、ふたつの重要な役割を帯びていました。ひとつは、主人公のスレイを外の世界へと誘(いざな)う役割。もうひとつは、王位継承権の末席に位置するがゆえに苦悩するアリーシャの姿や、そんな彼女ひとりを満足に助けることもできないのに自分の夢を果たせるのか……というスレイの葛藤を通じて、思い通りにならない“社会”の現実をスレイが知るキッカケとなる役割。ただし、これらに関する細かな心理描写は、本作ではあえて前面に出していませんでした。


意味不、日本語でおk


導師の力をもってしても、たったひとりの人間──アリーシャの“霊応力”(ふつうの人間の目には映らない天族を知覚する力)を補いきるには不足しており、スレイが無理を重ねた結果、その反動が自分の体に出てしまいます。余談ですが、スレイの親友であるミクリオは、早い段階でスレイの目の異変に気づいており、しかしあえて多くを語らず、ふだんの立ち位置をスレイの目の見えない側に変えて、フォローに動くようになります。


普通こういう創作物ってご都合主義で物語進行させるから
この設定がアリーシャ離脱を無理矢理納得させる為の言い訳臭いんだよな
王道RPGならそれこそ霊応力を高める手段を探しに行って仲間見捨てたりはしないでしょ


スレイに同行する天族たちは、心に“穢れ”がなく霊応力も強い人間であるロゼを仲間にしようと、珍しくスレイへの“説得”を行います。


頭がゼスティリア


馬場 導師とは、伝承で語られているような単純な正義のヒーロー、単なる救世の英雄ではありません。ストーリーのエンディングでスレイがみずからを封印した後、ロゼは導師の使命を受け継ぎますが、それはまさに、人知れず孤独に憑魔や悪と戦い続ける人生を選ぶということ。それからの彼女の生きざまは、けっして人々から讃えられるような日の当たるものではなかったでしょう。もちろん、彼女に後悔はなかったと思いますし、彼女を理解するミクリオたちや、風の骨(ロゼが頭領を務める暗殺者ギルド)の仲間たちが、最後まで彼女のそばにいたと思います。こういった役割と、本作のストーリーを構築するうえでの思いをもって、ロゼをヒロインとして作り上げていきました。


ロゼをヒロインとして作り上げていきました(意味深)
これ……元々はヒロインじゃなかったけど途中でヒロインにしましたとも受け取れるぞ……


馬場 本作の公式コンプリートガイドのインタビューで申し上げたことと重なりますが、『アフターエピソード』の“続き”をダウンロードコンテンツで出す予定は当初からありません。さらに明かしますと、『アフターエピソード』の最後に“To be continued.”という表示が出ますが、あれは、『ゼスティリア』本編のエンディングへ続くという意味なんです。


頭がゼスティリアああああああああああああああああああああ


──もうひとつだけ、あえて聞かせてください。一部のユーザーの方からは、特定の声優さんに肩入れするような理由でシナリオを改変したのではないか、という声も上がっているようですが……?


記者のさりげない直球的な聞き方にクソワロタwwwwwwwww
あえて聞かせてくださいがじわるwwwwwwwww


馬場 そのようなことは、断じてありません。『テイルズ オブ』シリーズのストーリー、ゲーム性は、開発チーム内で幾度となく協議を重ね、全員で作り上げているものです。もしも、僕や一部のスタッフが私情を挟んだり、圧力をかけるようなことがあったとしたら、チームそのものが崩壊し、『テイルズ オブ』シリーズを今日まで続けることは到底できなかったはずです。これまでも、これからも、チームが一丸となって開発していくことに変わりはありません。


テイルズチャンネル公式Twitterで特定の声優(みかこし)に私信送ったり
「ロゼは僕に似ている、誰からも好かれる、好きですねぇ。みかこし大好き。」発言
ロゼの身長やその他諸々ロゼの中の人みかこしを連想させる要素が多くありと
私情挟みまくりなんですがTOZ
どんだけ虚言癖なんだよ、このプロデューサー……



他にも突っ込み所沢山でゼスりすぎててカオスなインタビューですが
頭痛くなってきたのでこの辺で
TOZエンディングまでクリアした人でこのインタビュー読んだら間違いなく99%はブチ切れると思います
このインタビューの何が恐ろしいって一言も謝ってない
これだけ大炎上しているのに自分たちは被害者ですアピールばっかして
誤解だよ?勘違いしてた?みたいな言い分ばっかでイライラ
これから先もTOZの炎上騒動は止みそうにもない

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する